工法紹介

工法特徴

  • 高トルクのオーガー能力

    狭隘地で施工を可能にする小型機械高トルク(最大トルク30t)のオーガー能力を保有

  • 多様なアタッチメントを装備

    様々な専用アタッチメントのラインナップロータリー併用による油圧アタッチメントの活用

  • 「低振動・低騒音」を実現

    類似するBG工法、マルチドリル工法で使用する機械よりコンパクト且つ「低振動・低騒音」の機械設計

  • 大口径・大深度の掘削が可能

    専用特殊パワージャッキ併用による大口径・大深度掘削が可能ケーシングの高い鉛直精度を実現

  • 狭隘地で組立解体が可能

    狭隘地での施工を実現するために 4.9t吊り小型クレーンで組立解体を可能にした機械設計

  • 敷地150m²での施工が実現(10m × 15m)

  • 組立解体最小スペース(10m × 7m)

MRT
クリック/タップで閉じる
SCROLL1